2019/12/06

小椋みかのテイスティングノート
アンリ・ルルーの新作




ショコラティエ・エ・キャラメリエの「アンリ・ルルー」のジュリアン・グジアンの新作ショコラ 2019 秋冬コレクションが届きました。新作はカカオの産地への旅がテーマとなっていて、エクアドル、メキシック(メキシコ)、サントメの3種類があります。

「アンリ・ルルー」はショコラティエでありキャラメリエでもあるアンリ・ルルーが、1977年にフランス・ブルターニュ地方で創業したブランド。ジュリアン・グジアンはその2代目として活躍していて、いま個人的にも注目しているショコラティエのひとりです。

新作はガナッシュ仕立てのショコラを中心に組み立てられていて、ジュリアンならではの職人技が堪能できます。3種類ともそれぞれのカカオの魅力がたっぷりと味わえました。エクアドルは、エクアドル産グリュエドカカオ(仏) (カカオニブ(英) 、カカオ豆をローストして粉砕したもの)を練りこんだ薄い土台にエクアドル産カカオ豆のみで作られたチョコレートを使ったプレーン ガナッシュを重ねて二層に。メキシックは、メキシコ産カカオ豆のみで作られたチョコレートのプレーン ガナッシュ。サントメは、マスパン(パートダマンド(仏) 、アーモンド ペース(英) )を練りこんだサントメ産カカオ豆のみで作られたチョコレート薄い土台に、サントメ産カカオ豆のみで作られたチョコレートプレーン ガナッシュを重ねてありました

なんといっても産地の違いによって、これほど風味が違うことに驚かされます。エクアドルとサントメはそれぞれの土台となっている薄い層の組み合わせによって、またメキシックは飾りの部分によって、産地の異なるカカオとはまた別の食感と風味を隠し味にしたことで、ダークチョコレートのファンにはたまらないカカオの奥深さを楽しめるのが魅力です。

メッセージと共に届いた
アソートボックス

今年「アンリルルー」の新作を日本で味わえたことは幸運でした。というのも今年9月に日本から撤退してしまったからです。今年8月頭に「アンリ・ルルー」の元代表から「輸入販売元の方針により、9月17日をもってアンリ・ルルーは日本から撤退することになった」との衝撃の一報を受けました。さらに9月に入ってショコラとキャラメルのアソートと共に届いた広報部からのメッセージには「今後はフランス展開に集中することになりました」と記されており、なんとも残念でなりませんでした。

それだけにジュリアン・グジアンが今年東京で初開催された「ボンボンショコラ東京コレクション™️ 2019 ※1」に招聘されたことで、日本でもジュリアンの新作が味わえたことはかなり嬉しいです。今年もクオリティーの高い作品なので、このコレクションに参加した人以外にも、より多くの人が味わう機会があることを願ってやみません。


text © Mika Ogura 2019


【プロフィール】

小椋三嘉(おぐら・みか)
エッセイスト、食文化研究家。
十数年のパリ暮らしを経て帰国。2008年にはフランス観光開発機構・ パリ観光会議局の名誉ある「プレス功労賞」を受賞。フランスのチョコレート愛好会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」の会員。著書は『高級ショコラのすべて』、『チョコレートのソムリエになる』、『ショコラが大好き!』、『アラン・デュカス進化するシェフの饗宴』、『パリを歩いて―ミカのパリ案内―』など多数。


*●*

新作 2019 秋冬コレクション  
Julien Gouzien pour La Maison Le Roux
「ボンボンショコラ東京コレクション™️ 2019 ※1」出展作品

※2 以下、ジュリアン・グジアン本人の説明による

Équateur エクアドル  (画像左、一本線)  
エクアドルへの旅。
カリカリしたエクアドルのグリュエドカカオを練りこんだ薄い土台に、
上の層にはピュアオリジン エクアドル ガナッシュを重ねたもの。

Mexique メキシック (画像中央)  
メキシコへの旅。
ピュアオリジン メキシック ガナッシュ。 

Sao Tomé サントメ (画像右、二本線 
サントメへの旅。
マスパンを練りこんだオリジン サントメ薄い土台にして、
上の層にはピュアオリジン サントメ ガナッシュを重ねたもの。 

※1
世界で活躍するシェフがそれぞれの個性を発揮した新作のボンボンショコラを発表するコレクション。ボンボンショコラを口にする楽しみのひとつである「なかに何が入っているのだろう」というワクワク感。シェフたちは季節の食材や話題の材料をもちいながら、一口サイズのチョコレートの中で「食のマリアージュ」を実現するもので、初のコレクションがANAインターコンチネンタルホテル東京にて2019年11月26日に開催された。


2019 秋冬コレクション
Julien Gouzien pour La Maison Le Roux
販売未定

協力
バリーカレボージャパン 株式会社


*●*

https://chocolatclub-news.blogspot.com/2019/12/ogura-mika-tasting-index.html

*●*

 https://1.bp.blogspot.com/-lLjg7y0HJw0/V0PSB5ef1MI/AAAAAAAAMeM/yDkaUEEJn2MryY9a319mY-6IrNuewUpuACLcB/s1600/HOME%2Bbutton_1s.jpg