2021/02/14

小椋みかのテイスティングノート
〈フレデリック・カッセル〉 の新作チョコレート

Frédéric Cassel Fontainebleau



フランスのブランド〈フレデリック・カッセル〉 から新作コフレ「サヴール・ドゥ・フリュイセック」が届きました。今回はカッセルさんが子供の頃から大好きだった“プラリネ”をテーマにしたもので、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、ゴマの4種類のプラリネをそれぞれミルクチョコレートとダークチョコレートに合わせたそうです。ブック型をしたコフレもとっても素敵です。

全8種類のフレーバーは以下の通りです。
画像上:左から右へ、前列がレ・後列がノワール)

✤ ショコラ プラリネ・アマンド・ノワール 
香ばしいローストアーモンドが香る伝統的なプラリネショコラをダークチョコレートでコーティング

ショコラ プラリネ・アマンド・レ 
香ばしいローストアーモンドが香る伝統的なプラリネショコラをミルクチョコレートでコーティング

ショコラ プラリネ・ノワゼット・ノワール 
ヘーゼルナッツの華やかで独特な香りを閉じ込めたプラリネショコラをダークチョコレートでコーティング

ショコラ プラリネ・ノワゼット・レ 
ヘーゼルナッツの華やかで独特な香りを閉じ込めたプラリネショコラをミルクチョコレートでコーティング

ショコラ プラリネ・ピスターシュ・ノワール 
濃厚なピスターシュのプラリネショコラをダークチョコレートでコーティング

ショコラ プラリネ・ピスターシュ・レ 
濃厚なピスターシュのつぶ入りプラリネをミルクチョコレートでコーティング

ショコラ プラリネ・セザム・ノワール 
煎った白ゴマの香ばしさが引き立つプラリネショコラをダークチョコレートでコーティング 

ショコラ プラリネ・セザム・レ 
煎った白ゴマの香ばしさが引き立つプラリネショコラをミルクチョコレートでコーティング



*●*




さっそく味わってみました。

フランス語名「サヴール・ドゥ・フリュイセック」は、あえて日本語に訳すと「ドライフルーツの味わい」といったところでしょうか。4種類のナッツを使ったプラリネがそれぞれミルクチョコレートとダークチョコレートでコーティングしたもので、ナッツが大好きな人にはたまらないコフレとなっています。伝統的な製法で作られたプラリネは、口の中でローストによる芳ばしいナッツの粒が、カリカリ、シャリシャリとして濃厚で華やかさがあります。個人的にはピスタチオの魅力にあふれる「プラリネ・ピスターシュ」にとりわけ心を奪われました。






text © Mika Ogura 2021


【プロフィール】

小椋三嘉(おぐら・みか)
エッセイスト、食文化研究家。
十数年のパリ暮らしを経て帰国。2008年にはフランス観光開発機構・ パリ観光会議局の名誉ある「プレス功労賞」を受賞。フランスのチョコレート愛好会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」の会員。著書は『高級ショコラのすべて』、『チョコレートのソムリエになる』、『ショコラが大好き!』、『アラン・デュカス進化するシェフの饗宴』、『パリを歩いて―ミカのパリ案内―』など多数。


*●*



Saveurs Fruits Secs 
サヴール・ドゥ・フリュイセック(上)
 8個入 3,240 円(税込)

お問合せ先
フレデリック・カッセル


〈フレデリック・カッセル〉関連記事


https://chocolatclub-news.blogspot.com/2019/12/ogura-mika-tasting-index.html



*●*

https://1.bp.blogspot.com/-lLjg7y0HJw0/V0PSB5ef1MI/AAAAAAAAMeM/yDkaUEEJn2MryY9a319mY-6IrNuewUpuACLcB/s1600/HOME%2Bbutton_1s.jpg